アメーバピグユーザーのみなさん、こんにちは。
Photoback(フォトバック)のフォト子です。
みなさんは、「フォトブック」ってご存知ですか?
フォトブックとは、一言でいうと、スマホやデジタルカメラの写真データを使ってつくるオリジナルの写真集のこと。
Photoback(フォトバック)は、2004年に誕生したおしゃれなフォトブックが一冊からネットで簡単に作成できるサービスなんです。

「BookTheme(ブックテーマ)」では、「フォトブックをつくりたいけど、どうつくっていいかわからない」という方のために、フォト子がみなさまの作品をもとに、ステキな作品づくりのTIPSをお届けしています。

今回ご紹介するのは、アメーバピグ10年間の思い出を残すのにピッタリな「アメーバピグフォトブック」。
今までパソコンやスマホ上でしか見ることができなかったあなたのピグの思い出を、1冊のフォトブックにまとめてみませんか?

・・・とはいえ、フォトブックという言葉すらはじめて聞いたというアメーバピグユーザーさんも多いはず。
そこで今回は、フォトブックづくりがはじめてという方も安心!
フォト子が「アメーバピグフォトブック」のつくり方をイチからお教えしちゃいます!

まずはPhotobackメンバーになろう!

まずは、無料の会員登録。スマホからでもOK!1~2分もあればPhotobackメンバーの登録が完了します。
メンバーになるだけで、楽しいイベントに参加できたり、お得なクーポンがもらえたりと特典盛りだくさん!
パソコンからつくる方も、スマホで事前にメンバーになっておけば、スムーズにつくりはじめることができますよ。

今回のおすすめ使用アイテム

  • 「レシピブック」の使用アイテム
  • 今回、選んだアイテムは【POCKET-ポケット-】です。

    ポケットにすっぽり入るコンパクトなL版サイズで持ち運びにも便利。たて・よこ2種類から選べます。

ノド元までフラットに開くタイプなので、開いて立てかければお部屋に飾ることもできますよ♪
今回は、ピグスタッフが作成した作品『PIGG ALBUM』をもとにつくり方のコツをご紹介していきます。参考にしているのはPOCKETです。
ですが、よりレイアウトにこだわりたい方は、POCKETより少し大きい正方形サイズの【ROUGH-ラフ-】もおすすめです。

「MY WORK」に進み、POCKETまたはROUGHのアイテムを選択し、編集画面を開いてみましょう。

「アメーバピグフォトブック」のレシピ
(所要時間 60分程度)

材料

  • ・Photoback POCKET[ポケット]or ROUGH[ラフ] (パソコンVer)
    (ページ数16・24・36ページからお好きなものを選ぶ)
  • ・ダウンロードページから保存したり、スクリーンショットで保存した写真
    (ページ数やテンプレートに合わせて用意)
  • \アルバムづくりにぴったり!/
    アメーバピグで撮影した画像をダウンロードできる専用ページが登場!

  • 【画像例】

    • 画像例
    • 例えば・・・
      ―ダウンロードページ内で配布している専用表紙
      ―ピグともと一緒に写っている写真
      ーイベントやゲーム、期間限定エリアにおでかけした時の写真
      ―きせかえコレクション

①まずは材料となる「写真」をアップロードしましょう

  • 「写真」をアップロード
  • 画面中央の「写真を選ぶ」をクリックすればパソコンやスマホ内に入っている画像を選択することができます。

    最初は多めにアップロードして、写真を選びながら作成するのがおすすめ!
    あとから継ぎ足していくことももちろんできます。

写真を追加したら、編集スタートを押して編集画面へ!

②好きな「ページ数」を選択しましょう

  • 好きなページを選択
  • 編集画面を開いたら、画面左上よりお好きなページ数を選びましょう。
    今回は、ピグの思い出画像がたっぷりはいる36ページを選択しました。

③「タイトル」と「書体(フォント)」を決めましょう

  • 文字の書式を選択
  • フォントもここで設定することができます。
    編集画面左上の「本文書体を選択する」をクリックするとこちらの画面になるので、好きなフォントを選んでください。
    今回は、アメーバピグで使用している書体によく似た「手書き風書体」をチョイスしました。

フォント一つ変更するだけでも雰囲気が異なってくるので、ぜひ色々試してみてくださいね^^

④「表紙」をつくりましょう

  • 参考作品
  • 実際に編集スタートです!
    まず、ページ一覧からジャケットページを選択し、アップロードした画像の中からアメーバピグで作成した表紙画像をドラッグして追加しましょう。

  • レシピページ
  • さらに、画像の赤枠部分をクリックすると、下記のようにタイトル編集画面になります。

  • 写真を大きく配置
  • 今回は、すでにアップロードした画像内にタイトルは入っているので、背表紙と扉(トビラ)ページにもタイトルをいれたい場合は、この画面でタイトル文字を入力します。
    サブタイトルにはまとめた写真の年月日を入れて、いつつくったのかも残しておくのがおすすめです。
    その他、著者名を記入することもできます!
    ※タイトルを入れたくない場合はスペースを入力ください

  • 写真を大きく配置
  • タイトルを入れると、上記画像のように表紙に文字が入ってしまうので削除しましょう。
    まずは、画像右下の「ジャケットを編集する」ボタンを押して、ジャケット編集画面に移ります。

  • 写真を大きく配置
  • 画面右下ツールバーの「タイトルカラー」で×印を選ぶと、表紙のタイトルが透明になり文字が消えます。
    また、背表紙のたて書きよこ書きなどの体裁も、左側にあるツールバーで編集することができるので、お好みで調整してください。これで表紙は完成です!

⑤いよいよ、本編の編集です!

  • 写真は寄りで撮ろう
  • さて、いよいよP3~はじまる本編です。
    お花見や年末年始エリアなど過去に訪れた場所をふんだんに取り入れて、レイアウトしていきましょう。

\フォト子のワンポイントアドバイス①/

POCKETでは、26種類の豊富なテンプレートから選べるので、さまざまな「テンプレート」をフル活用するのがおすすめ!

  • 『テンプレート』を使いこなそう
  • 画面の中央下にあるグリーンのボタン「テンプレートを選択する」をクリックすると、テンプレートが選択できるようになります。
    下記画像のグリーンボタン部分をクリックすると……こんなにたくさんのテンプレートがあらわれます!
    写真が一番映えるテンプレートをいろいろ試してみてください。

  • 写真は寄りで撮ろう
  • おしゃれにみせるコツとしては、ページごとにメリハリをつけてレイアウトすること。

    例えば、あるページでは、キャプションなしで写真のみを配置。あとで見返したときに「この時はこんなことがあったなぁ…」と見開き1ページにたくさんの思い出を詰め込むことができます♪

  • 写真は寄りで撮ろう
  • テンプレートはこちらです★

続いては、先ほどとはまったく異なるレイアウト例をご紹介。

  • 写真は寄りで撮ろう
  • こちらのページは、写真を見開きでダイナミックに使いました。
    写真の縦横サイズが足りなくても、ここはあえてドット絵のようなゲームらしい画像として楽しみましょう^^写真下のキャプションでは、イベント参加時のエピソードをそえて、まとまりのあるページに♪

  • 写真は寄りで撮ろう
  • テンプレートはこちらを使っています★

\フォト子のワンポイントアドバイス②/

準備する写真自体を工夫して、シンプルなテンプレートでもワンランクアップする仕上がりに!

  • 『テンプレート』を使いこなそう
  • フォトブックをつくっていて悩んでしまうのが、同じような写真ばかりで代わり映えがしないというもの。
    例えばこのようなシンプルなテンプレートが続くと同じような画像では単調になってしまいます。

単調なページにしないため、写真の切り出し方を変えてみましょう!

めいいっぱいアップの写真やエリアが写りこんでいる写真を用意してみてください。
カンタンに雰囲気が変わり、ぐっと作品としての完成度も上がりますよ!
※ただし、トリミングすると画像サイズが小さくなるため、お選びいただくテンプレートによっては、画像が荒くなる可能性もあります。ご注意ください。

  • 『テンプレート』を使いこなそう
  • ★例えばこんな感じ
    ピグの大きさが同じような画像でまとめるのもよいですが…

矢印

  • 『テンプレート』を使いこなそう
  • こんな風に写真自体に緩急がついていれば、メリハリのあるページに!

\フォト子のワンポイントアドバイス③/

アメーバピグを象徴するともいえるきせかえコレクションページをつくってみる!

  • 『テンプレート』を使いこなそう
  • ここまで、いろいろな思い出の写真を配置してきましたが、後半戦のページでは、きせかえ写真を並べてコレクションにしてみましょう。
    お気に入りの一着や個性豊かなアイテムを並べていけば、さらにたくさんの思い出がよみがえってくるはず!
    きせかえ写真でアメーバピグフォトブックを締めくくりましょう♪

⑥すべて整ったら確認画面に進みましょう

  • 料理名にこだわろう
  • すべてのページに写真を配置し終わったら、編集画面右下の「編集を終了し確認画面へ進む」ボタンを押しましょう。
    実際のページ送りで確認できるので、スムーズに確認することができます。
    問題がなければそのまま注文画面に従って、注文を完了させるページに進むことができます。

クーポンをご利用の方は、こちらより使用方法をご確認ください。

⑦以上で作成終了!作品到着までおまちください♪

  • テンプレートをつかいこなして
  • 今回、テンプレートの活用方法や写真の選び方、全体の構成の仕方など、いろいろなテクニックをご紹介してきましが、参考になりましたでしょうか?

    製本すればいつまでもピグともとの思い出がお手元に形として残ります。

Photobackはフォトブックがとっても簡単に作れるので、あなただけの「アメーバピグフォトブック」をつくってみてくださいね!