みなさん、こんにちは。フォト子です。
フォト子がPhotobackメンバーのみなさまの作品をもとにみなさまのステキな作品づくりのレシピをお届けする「BookTheme」。
今回はお腹の中の赤ちゃんの成長をまとめた「エコーブック」をご紹介します!

妊娠は、ママにとって大切な人生の一大イベント。
新たに宿った命とのご対面までに、出産に向けた準備を始めたり、食事に気を付けたり、つわりを対策したりとさまざまなエピソードがあると思います。
なかでも、お腹の中の赤ちゃんの成長を感じる瞬間は忘れられない大切な思い出になりますよね。

そんな妊娠中の思い出を、エコー写真とともにお腹の中の赤ちゃんの成長をまとめたマタニティアルバムとして残すママさんもPhotobackメンバーの中には多くいらっしゃいます。

今回は、これからマタニティアルバムをつくろうと思っているママさんに向けて、
Photobackスタッフイチオシのお客さまのエコーブック作品『キセキ』を紹介しながら、「エコーブック」のレシピをお伝えします。

エコーブックとは?

Photobackを使ってエコー写真を胎児の成長記録とともに1冊にまとめたフォトブック。

参考作品

今回は、Photobackメンバーのエコーブック作品『キセキ』を交えながらご紹介していきます。

キセキ

今回のアイテム

  • POCKET
  • 「エコーブック」に使うアイテムは、将来お子さんにもみてもらえる、ご両親へのプレゼントとしても喜んでもらえるようにケース付きで安心して保管でき、高級感のあるFOLIO(フォリオ)を選びました。

今回参考にしている『キセキ』ではFOLIOより一回り小さいROUGH(ラフ)で作成されています。気軽に何度も見返したい方はROUGH(ラフ)もおすすめです。
「MY WORK」に進み、FOLIOまたはROUGHのアイテムを選択し、編集画面を開いてみましょう。

「エコーブック」のレシピ(所要時間 40分)

材料

  • ・Photoback FOLIO
    (ページ数16・24・36ページからお好きなものを選ぶ)
  • ・Photoback ROUGH
    (ページ数16・24・36ページからお好きなものを選ぶ)
  • ・妊娠中のママさんのお腹の写真など妊娠した状況がわかる写真 1枚
  • ・エコー写真 数枚
    (ページ数やテンプレートに合わせて用意)
  • ・生まれた赤ちゃんの写真 1枚

※写真は横長のものをおすすめします

①写真のアップロード

まずは、材料となる写真をアップロードしましょう。
※妊娠中にご作成の場合はエコー写真を徐々にアップロードしていきましょう。

エコー写真はどうやってアップロードするの?という方は必見☆
スマホやデジカメで撮影したり、プリンターでスキャンしてデータ化しましょう◎
【おすすめ記事】
現像された写真をきれいにデータ化できるスマホアプリ

②好きなページ数を選択

  • 好きなページを選択
  • 編集画面を開いたら、画面左上よりお好きなページ数を選びましょう。
    表紙は迷ってしまうので、3ページ目から編集を開始するのがおすすめです。

③フォントを選択

  • 本文書体
  • まずは、書体を選択しましょう。画面左上の「本文書体を選択」をクリックします。

  • 本文書体
  • 上のような表示が出てきたら、好きな書体を選びます。フォト子はエッセイ風を意識して「新ゴシック体」を選びました♪

④最初の写真を入れる

  • 最初のエコー写真
  • 最初のエコー写真を3ページ目に入れていきます。
    文章は、『キセキ』を参考に、「エコー写真を撮った日付」「印象的だったトピック」「簡単な感想」を入れてみました。このように書いておくと見返したときも鮮明にこのときの思い出がよみがえってきますね。

⑤エコー写真や文章を入れていく

  • エコー写真や文章を入れていく フォトブック
  • 4ページ目も同様に、エコー写真と文章を入れていきます。

どんどん大きくなっていくお腹の赤ちゃんに感動したときの気持ちを素直に表現してみましょう♪

  • エコー写真や文章を入れていく フォトブック
  • 同じテンプレートだとマンネリ化してしまうので、違う写真テンプレートでも試してみると印象が変わりますよ!

  • エコー写真や文章を入れていく フォトブック
  • テンプレートはこちらを使っています。

  • エコー写真や文章を入れていく フォトブック
  • 「かわいいお顔を見せてくれた」「はっきりとしたお顔が映った」など印象的な思い出は2ページを大胆に使って表現すると、インパクトをもたせることができます。

  • エコー写真や文章を入れていく フォトブック
  • テンプレートはこちらを使っています。

  • エコー写真や文章を入れていく フォトブック
  • 写真は大きくつかってメリハリをつけるのがコツです♪

  • テンプレート
  • テンプレートはこちらを使っています。

  • エコー写真
  • このように日付別のエコー写真を1ページにまとめてもいいですね◎

  • エコー写真
  • 見開きでたくさんのエピソードを伝えることができます。
    テンプレートはこちらを使っています。

⑥最後のページは、生まれた赤ちゃんの写真でクライマックスを!

  • 生まれた赤ちゃんの写真でクライマックスを
  • お腹の中の赤ちゃんが無事生まれたことを1冊の終わりに持ってくることで、作品のラストが盛り上がります。

  • 生まれた赤ちゃんの写真でクライマックスを
  • 「生年月日」「体重」「身長」「名前」「何週間何日でうまれたのか」「感想」「生まれてきてくれてありがとう」という内容を添えるとより思い出深い作品になりますよ。

⑦表紙の編集

  • 表紙の編集
  • 次に、表紙にとりかかります。
    表紙はシンプルに、ママさんの妊娠中の新たな命を宿したお腹の写真など妊娠の状況がわかるお好きな写真を配置します。
    こちらの「キセキ」のようにママさんの妊娠中のお腹を旦那さんと一緒に添えている写真などがあるとより家族のあたたかみが伝わりますね。

⑧奥付の編集

  • 奥付の編集
  • 最後に奥付け。奥付けは、生まれてきたお子さんの「名前の由来」でお子さんにもプレゼントできるようにします。
    名前の由来に+αで生まれた赤ちゃんへのメッセージも添えてみましょう。

カートに入れ注文すると「エコーブック」の完成です!

参考作品

今回は、Photobackメンバーのエコーブック作品『キセキ』を参考にさせていただきました。

キセキ

いかがでしたか?
マタニティの思い出はエコー写真データだけで残しておくだけでなく、
想いの詰まった「エコーブック」にまとめて、いつまでも色あせないようにいつでも見返せるライフアイテムにあなたも大変身させてみませんか。

作成した「エコーブック」が手に届いたときの感動も大きいですが、「エコーブック」作成中に妊娠中に思ったあんなことやこんなことを思い出してだんだん作成が有意義な時間に変わったという声もたくさん届いています。

さらに、将来のお子さんのプレゼントやご両親のプレゼントにすればプライスレスな贈り物に感動すること間違いなし!

育児で心が折れそうなときに見返して
元気をもらっているPhotobackメンバーのママパパさんも多くいらっしゃいます。

この機会にぜひ、「エコーブック」を体験してみてください。