みなさんこんにちは、フォト子です♫
さて、フォト子がPhotobackメンバーのみなさまの作品をもとに、みなさまのステキな作品づくりのTIPSをお届けする「BookTheme」。
今回も素敵な内容をお届けします★

今回、BookThemeでおすすめするのは「1stアニバーサリーブック」!

パートナーがいらっしゃる方にとって、最初の一年は特に何をするのも初めてのことが多いはず。
初めてのお互いの誕生日や旅行、普段の何気ない日常を“カタチ”に残して、日頃の感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。

パートナーとのアルバムなので2ショットが多めと思われがちですが、他にもどんなカットを入れているのでしょうか。
実際のメンバーさんの作品を見ながら解説していきます!

参考作品

今回参考にするのはこちらの作品『first anniversary』です。
二人の一年間をいろいろなカットで魅せる、他の人が見ても幸せな気持ちになる内容になっています♪

「1stアニバーサリーブック」の使用アイテム

  • first anniversary
  • 今回使ったのは【ROUGH-ラフ-】!
    正方形のレイアウトが特長のこのアイテムでつくれば、まるで流行りのSNSのような雰囲気を出すことができます。

    今回の「1stアニバーサリーブック」のように、いろいろなシーンや画角が含まれる作品では全体のまとまりを出すのにぴったりなアイテムになっています。

「1stアニバーサリーブック」のレシピ
(所要時間 60分程度)

材料

  • ・Photoback ROUGH-ラフ- (パソコンVer)
  • ・二人で写っている写真、風景写真など
  • ★POINT
    もちろんメインはパートナーと二人で写っているお写真ですが、作品に抑揚を出すために「訪れた場所」、「風景」、「一緒に食べた食事」なども積極的に使ってみると◎
    ROUGH -ラフ- の統一感あるレイアウトも相まって、作品としてのクオリティが一段と上がります。

そしてROUGH -ラフ- ならPhotobackアプリからもつくることができるので、スマホで手軽に、二人で楽しみながら写真選びなんてこともできちゃいますよ♫

①まずは「写真をアップロード」しよう!

それではさっそく、つくっていきましょう♪

  • 写真をアップロード
  • まずは今回の作品に使用する写真をアップロードします!
    画面中央の「写真を選ぶ」をクリックすればパソコンやスマホ内に入っている画像を自由に複数選択することができます。
    もちろんあとから継ぎ足していくこともできるので、最初は多めにアップロードして、写真を選びながら作成するのがおすすめです♪

②アルバムの「ページ数」を決めましょう!

  • 写真をアップロード
  • 続いてアルバムのページ数を決めていきます。
    ROUGH -ラフ- で選べるページ数は16ページから、最大36ページまで選べます!

    お手持ちのお写真の枚数と見比べながら調整していきましょう。

③「タイトル」は一周年であることがわかるようにするのがおすすめ!

  • ②「ページ数」を決めましょう!
  • 「タイトル」を決めましょう!
  • 構成を決めたら、続いては内容を決めていきます。
    まずは作品の「タイトル」を決めましょう★

    今回は「一周年」とうたっているので、そのことがわかるタイトルがおすすめです。
    パートナーにプレゼントするときも伝わりやすくなります♫

    シリーズ化する場合は「一周年」「2nd Anniversary」のように、数字を入れていつのものかわかるようにするのがおすすめです!

④「書体(フォント)」を決めましょう!

  • 作品の「帯」にもメッセージを
  • 作品の「帯」にもメッセージを
  • 最後にアルバム全体で使う「テキストの書体(フォント)」を決めましょう。

    ROUGH -ラフ- はいろいろな雰囲気を出すことができるので、かわいい系のフォントからすっきり系のフォントまでなんでもこなすことができます。
    例えば、今回はシンプルな「新ゴシック体」を選択♫

    ほかにもたくさんの書体を選ぶことができるので、写真の雰囲気やテーマに沿って書体を選んでみてくださいね!

⑤「1stアニバーサリーブック」をつくってみよう!

  • 1stアニバーサリーブック フォトブック
  • 事前準備はここまでです。お疲れさまでした♫

    さて、ここからは実際にメンバーさんの作品を見ながらつくっていきます。

    ・誰の目線か
    ・どんなお写真を入れるか
    ・どんなレイアウトの工夫があるのか

    などなど…シンプルなテーマではありますが、様々な切り口を取り入れることができるので、ぜひご自身・二人に合った表現を楽しんでみてくださいね♫

⑥まずは作品の“目的”を決めましょう!

  • 1stアニバーサリーブック フォトブック

まずは「自分から相手に向けたメッセージ性がある作品」なのか、「二人で一緒につくる作品」なのかの役割を決めましょう♫
今回の例にした作品では、前者の相手に向けたメッセージを押し出しています。

メッセージ性を強める場合、写真ごとにキャプションを加えたりすることで、プレゼントされた相手が楽しめる工夫ができます★
二人で贈り合うのも楽しいですね!

一方で二人で楽しむ作品の時は、選ぶ写真は2ショットが多めになったりとコンセプトを最初に決めておくと、後々のページづくりが楽しくできます。

この作品で使用しているおすすめテンプレート①

Photobackの編集画面では、様々な表現ができるように豊富なテンプレートを選んで画像を設定することができます。
キャプションもうまく組み合わせてあなただけの作品をつくってみましょう♫

  • おすすめテンプレート①
  • 大きくお写真を配置できる特徴的なテンプレートを使用しています。

    作品の最初や最後の押し出したい写真がある時、メッセージを強く反映させたい時など、“ここぞ”というときに使うと効果的です♫

⑦“四季”を写した写真を入れることで、一年間を感じましょう!

  • 1stアニバーサリーブック フォトブック
  • 春ならお花見、夏といえば花火…季節を感じられるイベントや風景のお写真があればふんだんに取り入れていきましょう。
    一年間を振り返るときにより深みを増した表現ができるはずです。

    写真を選ぶ作業もきっと楽しいものになるはずです★

この作品で使用しているおすすめテンプレート②

  • おすすめテンプレート
  • 複数のサイズのお写真を組み合わせることができるコラージュのようなテンプレートを使用しています。

    一枚 “キー” となるお写真を配置すれば、それに紐ついた思い出が立体的に蘇るはず!

⑧特に見せたい、印象的な写真は“大きく”レイアウト!

  • 1stアニバーサリーブック フォトブック
  • 二人にとっての大切な場所、思い出深いワンシーン…そんな二人にとっての『とっておき』の一枚がきっとあるはずです♫
    そんな時はキャプションもつけずに大きく配置してみましょう。

    それがたとえ何気ない一枚だったとしても文字通り、言葉は要らない心に訴えかけるページになるはずです。

この作品で使用しているおすすめテンプレート③

  • おすすめテンプレート
  • 一枚のお写真を見開き全面に配置できるレイアウトを使用しています。
    とっておきの写真がある時に使ってみましょう★

    また、作品中で場面を切り替えるときにも効果的です!

⑨二人の“これから”をつくっていくための“これまで”をカタチにしませんか

  • 1stアニバーサリーブック フォトブック
  • この「1stアニバーサリーブック」では、最後のページにパートナーへのメッセージがつづられています。

    せっかくの一周年記念日、写真だけでなく「いつもありがとう」という感謝の気持ちも手紙のような感覚で入れてみてはいかがでしょうか。
    思い出の写真と一緒なら、気持ちもいつも以上に伝わりますよ。

    二人でいるといつも楽しいことばかりでなく、大変なこともたくさんありますよね。
    そんな思い出一つひとつを「1stアニバーサリーブック」に託して、お互いの思いやりを再認識する、そんなドラマティックな一冊をつくってみませんか?

    きっとこれからの二人を勇気づける大切なものになるはずです。